Over the Rainbow ー 空を見あげて ー

柴わんこ・珠姫と飼い主amaoの悠々閑々な日々を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

みちのくふたり旅 最終日‐2&お土産編

全記事に続き、恐山。

菩提寺の入口で入山料を払い、中へすすむと、どんと構える山門が。
CIMG0164 (640x480)

CIMG0137 (640x474)

地蔵殿に参拝してから奥に進むとこのような光景になっています。
CIMG0140 (480x640)

CIMG0141 (640x480)

CIMG0146 (640x480)

風車をアチコチで見かけますが、ご供養のお花の代わりなんだそうです。
なぜ風車?と前から謎だったのですがそういうことなんだ。

広い敷地を歩いて、最後は宇曽利湖の畔にたどり着きます。

CIMG0158 (640x471) (2)

サラっと書きましたが、所要時間は1時間半ほど。
それではじめの写真のところに戻ってきます。

意外なことにここは宿坊や温泉があり、宿泊が出来るんです。
詳しくはこちらで→恐山
興味のある方は一度お泊まりになってレポしてください。
(私は無理)


本当はこのあと大間のマグロを求めて大間町に行こうかと思ったのですが、新幹線の時間ギリギリに新青森に戻ることになりそうなので、それはまたいつかのお楽しみにしておきます。

それで、青森市内に戻ることに。
途中で寄ったお土産屋さんにもねぶたが飾ってありました。
ねぶたは他でもたくさん見かけたなぁ。
P9232149 (640x480)

お昼ご飯はいろいろ迷ったのですが、再度 古川市場の「のっけ丼」にチャレンジすることにしました♥
やっぱり好きなものだけを選べるのって魅力的

066hurukawa2.jpg
上がワカさんので下が私ののっけ丼♪
今回は初日のより彩りが良いわ(^0^)v
もちろんウマウマでございました。

20130924_094912.jpg
青森のお土産が揃うA‐factory。ここはおしゃれな感じのお土産屋さん兼シードル工房。
シードルの試飲が出来るので、ワカさんはアルコール入りのものを、私はりんごジュースを飲んできました

20130924_094936.jpg
青森ベイブリッジ。
青空に映えるわ♪

他に地元のデパート「中三デパート」の食料品売り場もチェックして、新青森駅でもお土産を見ていたら、ちょうどよい時間になり新幹線で帰宅。

066aomorimiyage2.jpg

066aomorimiyage.jpg
お土産たちの一部(笑)。


DSC_1806.jpg

DSC_1808.jpg
珠りんもわさおマークの天然イワシをウマウマ~♥

以上、青森の旅行でした。

おしまい。
【 2013/10/06 】 行くぜ♪東北 | TB(0) | CM(2)

みちのくふたり旅 最終目‐1

この日も5時半に起きてアウガへ朝ごはんを食べに行きました。
アウガは複合ビルで、図書館やファッションフロアが入っているビルなのに、地下は昭和の香りがプンプンする市場になっている不思議なところ。

P9221931 (640x480)

前日とは違うお店(朝5時半から営業している寿司屋)で朝からお寿司ww
066mikunisusi.jpg
私(上)の注文は間違えられちゃって、ウニが食べたかったのに入っていないのが来ちゃった

握り方もちょっと雑な感じかな~。
ということで、前日の丸青食堂さんのほうがお勧めです。

最終日の行き先は下北半島のど真ん中!

青森市内から延々と車を2時間半ほど走らせ、AM9時に着いたのは…

日本三大霊場のひとつ・恐山

菩提寺よりもだいぶ手前にお手水場がありまして、飲料可。
6月の福岡旅行の際に不老不死のお水をいただき損なったので、今回はしっかり飲んできました!
(福岡での様子はこちら→香椎宮編櫛田神社編
こちらは「不老の水」なんですね。
CIMG0128 (480x640)

CIMG0125 (640x480)
一人だったらビビって立ち寄れない雰囲気。

CIMG0127 (640x480)
ワカさん「これでずっと若々しくいられるわよ~!(´0ノ`*)オーホホホッ!!」


そして菩提寺のちょいと手前にあるのが三途の川!
Σ(゚д゚lll)(゚д゚lll)ヒーッ!
CIMG0130 (640x481)

橋のたもとには三途の川の番人の石像もありました。
これもひとりだったらビビッてたかも(;´Д`A ```
P9232118 (640x480)

P9232114 (640x480)

P9232111 (640x480)
一人じゃないからビビることなく意気揚々と三途の川を渡ってまいりました!
生きているうちに三途の川を渡ったどー!

CIMG0134 (640x480)
実際はこの橋は川に架かっているのではなく、宇曽利湖という湖に架かっています。
ものすごく水がきれいな湖でした♪

さぁ!いざ恐山の菩提寺へ!


最終日‐2へ続く 
【 2013/10/04 】 行くぜ♪東北 | TB(0) | CM(4)

みちのくふたり旅 2日目‐2

不老ふ死温泉でさっぱりして、千畳敷(海岸の遊べる平らな岩場)で日本海を眺めてから、日本一大きな銀杏の木を拝みに行くことに

CIMG0084 (480x640)

巨木好きなのでワクワク。
どんだけ大きいのかな~♪

うわっ、確かにデカイ…

CIMG0082-0.jpg

写真だけだとよくわからないのでYou Tubeで紹介されたものをアップしておきます。
You Tubeが見られない方はこちらの画像でどうぞー。

そのあと、青森のアイドル・わさおくんに会いに行きました♪
わさおくんがいるのは「きくや商店」というイカ焼き屋さん。
お店の横にはイカのカーテンが。
その奥にわさおくんスペースがありました♪
いかのカーテン


わさお
わさおくん、おねむ中~。


CIMG0097 (640x474)
ちょっと粘ってみたけれど、こんな感じでまったりモードでございました。

IMG_20130924_094458.jpg
イカ焼きを食べてからもう一回見に行ったら起きていたけれど、スマホでの撮影だったんでうまく撮れなかった~


ここからは日本海にお別れをして、内陸をドライブ。

岩木山
岩木山
岩木山と聞いて…
♪きぃ~~っとぉ 帰っ~てぇ~ くぅ~るぅんだぁとぉ~
お岩木山ぁ~にぃ~ 手ぇ~を振ぅれぇばぁ~♪
by松村和子
のフレーズが浮かんだアナタは間違いなく私と同世代ww

のどかなリンゴ畑とお岩木山の景色をしばらく楽しんで鶴田町に。
ここにも日本一のものがあります。
それは「鶴の舞橋」
CIMG0113 (480x640)


鶴の舞橋
全長300m・日本一長い木の橋なんですって。
すごく綺麗で雰囲気あるのにひっそりしていて、青森観光の穴場かも。

ここから青森のホテルに戻ってひと休みしたら、夕食の予約の時間になりました♪
この日のお店は津軽三味線の生演奏が聴けるうお旬さん。

IMG 1037 (525x800)
お通しのお刺身・きのこの天ぷら・ホタテの貝焼き・自家製漬物・しじみ汁・鶏のネクタイ(セセリ)・味噌焼きおにぎり

そして生演奏!
これが良かったんですよ~。
奏者さんに一番近い席でじっくり聴くことができました。

しかし、あとから津軽三味線には犬の皮が使われていると聞き、複雑な気持ちに。
もちろん今は皮は輸入品だし、代用品もあるそうですが。。。


3日目に続く
【 2013/09/30 】 行くぜ♪東北 | TB(0) | CM(8)

みちのくふたり旅 2日目‐1

みちのくふたり旅2日目。

朝は5時半起床で、6時にはアウガのB1の市場にある食堂で朝ごはんを食べました。
066maruao.jpg
さらに寄ってみました(*´艸`*)
朝から豪勢にイクラ・ホタテ・ウニの三色丼

ワタクシ、普段はイクラはあまり好まないのですが、これまた「なにこれ?イクラー?」と言わしめる旨さ!
最終日にお土産に買っちゃいましたよ(笑)。

朝から幸せな気分になって、いざ出発
まず目指したのはJR木造駅。
キャーッ駅舎が宇宙人に占領されてる~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
しゃこちゃん駅
ドドーンと大迫力のこの土偶の名は「しゃこちゃん」。
遮光器土偶からとったお名前でございます。


しゃこちゃん
ここの駅舎前で写真を撮りたかったのだ!
しゃこちゃんはワカさんのツボに入ったらしく、いたくお気に入り(笑)
通学してくる木造高校生の横でパシャパシャ写真を撮りまくる私たちでした。


ここからまた2時間ほど車を走らせ、向かうは白神山地の十二湖散策コース。
白神山地は世界遺産に登録されてちょうど20年だそうです。
鶏頭場の池
鶏頭場の池

青池
青池

湧壺の池
湧壺の池

CIMG0052 (640x479)
中の池

CIMG0048 (640x480)

CIMG0049 (640x480)

白神山地もみじ

CIMG0058-0.jpg
長池

CIMG0064-0.jpg
ぐるっと回って再度 青池

…なんてきれいなのー!

写真では伝えきれない美しさ!
青森に住んでいたら山ガールになりそうです。
また来たくなっちゃった。

十二湖で2時間ほど歩いたので、温泉に立ち寄りました
その名も不老ふ死温泉!すごい名前だなぁ。
IMG_1108.jpg

IMG_1109-0.jpg
日本海に面する露天風呂に入って汗を流してきました♪
お湯の色は黄土色で疲れにすんごく効きそう!
お湯に浸かりながら、ワカさんと今度は奥入瀬散策してみたいね~と話が弾みました。

来年の新緑の頃あたり、行っちゃうかも?

2日目その2に続きます♪

【 2013/09/28 】 行くぜ♪東北 | TB(0) | CM(8)

みちのくふたり旅 初日

旅友・ワカさんと青森へ行ってまいりました。
今回は飛行機ではなく、鉄道で。
初音ミク色の東北新幹線に乗り込み、青森へGO!
PhotoGrid_1379716542439.jpg


終点新青森駅からはレンタカー

お昼ちょっと前の到着だったので、まずは青森駅エリアの古川市場で腹ごなし。
IMG_1038 (640x480)

市場の入口でチケットを買い、中の店舗を回って好きな具を選んで乗せてもらい、自分の思うような海鮮丼を作ることが出来ます♪
青森といえばホタテ!それに旬のヒラメに大きな海老ちゃんに…と選ぶとお店の人が「はいよ!」っと乗せてくれるので、のっけ丼ってネーミングがついてます。
市場を回って具を選ぶのが楽しー♪
ふたりとも1,000円ジャストでオリジナル丼完成~(*^^)v
じゃじゃん!
066古川市場
ありり?
私ののっけ丼、ちょっと色合いが良くなかったかも(´・ω・`)ショボーン
ワカさんの丼は美しい-

彩りはイマイチでも鮮度は抜群でめちゃウマでしたーん♪


お腹がいっぱいになったところで、レッツ観光。
車を飛ばし、三内丸山遺跡へ行きました。

IMG_1039.jpg
ここは立派な展示館と遺跡見学がどちらも無料。
青森県ってば、なんて太っ腹なんでしょう♪

IMG_1047三内丸山遺跡
展示品の撮影もOK!なのでありました♥(〃'▽'〃)♥

IMG_1056 (480x640)
この日はイベントが開催されていて、高さ15mのクレーン上から遺跡群を見渡せました。
もちこれも無料。

IMG_1062 (640x480)
左側のやぐらのような建造物がちょうど15mなので、そこからの景色を疑似体験。
「やぐらのような」と書きましたが、この建物が実際はどのような使われ方をしていたのかは明らかになっていないのだそうです。
私は見張りのために登ったんじゃないかなって気がしますが、どうなんでしょうね~?
もののけ姫でアシタカの村の見張りがこんなやぐらで見張りをしていたような…


IMG_1077.jpg
遺跡広場は青森県立美術館へと繋がっていて…

IMG_1079.jpg
でっかいどー北海道~!!ではなく、
このでっかいオブジェは“あおもり犬”。

たまたまエジプト展がやっていたので、その手のものが好きなふたりはしっかりエジプト展も見て来ました。
コンパクトだったけれど、なかなか面白かったです(*^▽^*)
常設展では9m×15mのシャガールの作品が圧巻でございました。

ふたたび青森駅周辺に戻り、メモリアルシップ八甲田丸ねぶたの家・ワラッセ青森観光物産館アスパムとぶらぶら回って観光&お土産の下見♪


特にワラッセは予想以上に楽しめました。
066warasse.jpg

ねぶたってきれい-♪
ワカさんは青森出身の知り合いがいるので、ねぶた作家のことも色々知っていましたが、私はそちらには疎かったので、ただただ迫力に圧倒されるばかり。

ワタクシ、人混みが苦手なので、お祭りには近づかないのですが、ねぶた祭りは見てみたいかも!

それから地元スーパーをしっかりチェック。
秘密のケンミンSHOWで覚えたイギリストーストとニンニクをお買上げ♪
イギリストースト


んでもって、お楽しみの晩ごはん\(^o^)/

予め予約しておいた「入ます亭」さんへお邪魔してきました。
ますの字は囗に斜線
IMG_1096 (640x470)

066irimasutei (714x800)
お任せのお得コース
刺し盛り・ホヤ・岩牡蠣・ホタテ・嶽きみ(とうもろこし)・コマイ(焼さんまか赤魚の煮付けかコマイから選べる ワカさんはさんまをチョイス)で2,100円。
噂通り驚異のコストパフォーマンス(;゜∇゜)超安い!!

ワカさん、ホヤが苦手だったのですが「なにこれ?おいしー」と狂喜しておりました。
確かに東京で食べたホヤとはベツモノ!!

満足ー♪

066aomormiti.jpg
ホテルに戻る道すがら、歩道に土偶のオブジェが…
青森に来てるんだなーっと実感。

翌日も盛りだくさんでした♪

2日目へ続く
【 2013/09/28 】 行くぜ♪東北 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

amao

Author:amao
2012年のホワイトデーに我が家の子になった柴犬・珠姫の成長記&管理人・amaoの趣味あれこれ♪

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。