FC2ブログ

Over the Rainbow ー 空を見あげて ー

柴わんこ・珠姫と飼い主amaoの悠々閑々な日々を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012'沖縄旅行⑥(11月21日)

あっという間の最終日。
この旅一番の目的地へ。

ホテルを早朝にチェックアウトして、安座真港へ向かいました。
朝食は安座真港近くのお弁当屋さんでお握りを購入。
沖縄のお弁当は安くて具だくさんだから食べきれないのよね。
【余談】沖縄のお弁当ってごはんの上にもビッシリとおかずが乗っているの。
ごはんの白い部分があると、おかずをケチっていると言われちゃうんだって。
カロリー高いものがてんこ盛りの沖縄のお弁当、機会があったらチャレンジしてみて(*^m^*)


朝イチの高速船に時間があったので、港のニャンコにごあいさつ。
4匹いたんだけど、みんなカメラがお嫌いのようでいいお顔は撮れず…。
p【◎】q'ω')チェッ
IMG_azamakou neko


安座真港から高速船で20分で着くのは神の島・久高島。

数年前から秀ぽんがとても行きたがっていた場所です。

久高島は島の至るところに拝所(ウガンジュ)があって、立入禁止の場所もあるのに、目印がわかりにくく、うっかり入って注意されちゃったなんてブログを読んだことがあります。
それも心配だったし、ちゃんと久高島のことが知りたかったから島民の方にガイドをお願いしておきました。

船を降りてガイドの内間さんと合流。
車で3時間案内していただきます。
(ガイドを頼まないときはレンタサイクルでどうぞ~)


まずは ぴざ浜
CIMG9588-0.jpg
ここは海水浴やシュノーケリング可な浜。

久高島に行ったら石ころひとつ、草一本持ち帰ってはいけない。
持ち帰ると体調不良を引き起こしたり、良くないことが続いたりする。
そう聞いていました。

でもガイドの内間さん、あっさり
「ここの貝は拾って持って帰ってもいいよ」
ヘッ?∑(!? ̄Д ̄)゚Д゚) エェーッ!!い、いいの?
「次の浜は神聖な浜だからダメだけど」

貝は流れ着くものだから、持ち帰ってもいいらしい。
DSC_0154_20121205163410.jpg
とはいえ、おろそかには扱えませぬ。
たまりん、控えおろうぅぅ!
その貝をどなたと心得る!
神の島・久高島の貝さまであらせられるぞ!
なんちって(*^m^*)


ishikihama
こちらは神聖な浜・いしき浜
魂が還る場所、ニライカライからの来訪神が久高島に来るときはこの浜に船を着けるとの言い伝えがある場所。

港のある島の南側は集落があって人が住んでいますが、北側は神の領域なので人は住んでいません。

島のなかでも特別に神聖な場所がいくつかあるので、そういう場所に行くと何か不思議なパワーを感じる人が多いみたい。

kabe-ru
カベール岬
ここも神事が行われる場所。
内間さんいわく、こことこのあと行くクボー御嶽でナニカを感じる人が多いとのこと。

秀ぽん、この岬で涙が溢れたとか…
ナニカが心の琴線に触れたのね。
ワタクシ、今のところ別になにも感じません(;´Д`A ```


CIMG9637-0.jpg
ロマンスロードという、島にはちょっと似合わない(?)遊歩道の先にこんな景色が!
うっすら見えるのが沖縄本島です♪


CIMG9654-0.jpg
クボー御嶽
以前は男子禁制の場所でしたが、不埒ものがあとを断たないのでしょうね。
現在は男女を問わずに立入禁止です。
島の神女役の人しか入ることは許されていない特別なところ。
ここの強力な“気”を感じる方も多いそうで、ガイドの内間さんは近づくことが出来ない人を何人も見てきたとのこと。
他にも不思議なエピソードをいくつか話してくれました。
へ、へぇ~(;^_^A
相変わらず何も感じない鈍感なワタシ。
ワタシ、こんなに鈍かったっけ?

そんなワタシに内間さんは
「ここで何も感じなくても他のスピリチュアルスポットに行けばビンビンに感じ取ることもあるし、土地との相性もあるからね」と。


CIMG9660.jpg

CIMG9658.jpg
ヤモリ?トカゲ?ヘビ?
宜野湾在住のカップルが木のウロになにか生き物がいるのを見つけて教えてくれました。
内間さ~ん、この子何者?
内間さん、ヤモリかトカゲだろうとアバウトな返答(笑)。
お髭っぽいものがあるのよね。
帰ってからググってみたけれど正体は不明なまま。


久高うたき
ガイドブックには載っていない御嶽
男子禁制なので、内間さんは御嶽の入り口で待っていました。
葉っぱの影に見える石が拝所です。
ここはすごく陽の光がキラキラしていて厳かな雰囲気。
まろこのことをお祈りしてきました。
おたまりんの無事な成長もね。


拝所
拝所(ウガンジュ)

沖縄独特の信仰はこの島では日常と密接に関係していて、年間に30もの行事が脈々と受け継がれているそうです。
イザイホーという祭事は1966年を最後に途絶えてしまいましたが、最後のイザイホーの様子を久高島交流館で見せてもらいました。
このときに故・岡本太郎氏が禁忌を犯してしまうんですが、
内間さんはそのことも
「島に触発されて暴走したんだろうな」と言っていました。


大里家
大里家
久高島で一番古い民家で、ここで琉球王朝の尚徳王が神女(ノロ)を寵愛して政治を疎かにしたためにクーデターが起こったとの伝承もある(内間さんからの受け売り)


他にも「はんちゃたい」という天と地をつなぐとされている石が置いてある場所や、「御殿庭(うどぅんみゃー)」
「外間殿(ふかまどぅん)」などを解説していただきながら見学し、交流館でDVDを見たらちょうど3時間経っていました。
港で内間さんと握手してお別れし、フェリーで本島へ戻ると午後1時半。

レンタカー返却が3時だから、糸満の道の駅でお昼を食べてちょうどいい時間。



南部のビーチでも貝を拾いたかったな。

那覇近郊のおいしいと評判の沖縄そば屋さんにも寄りたかったな。

ガンガラーの谷ツアーも参加したかったな。

スーパーマーケットでもアレコレ見たかったな。

他の世界遺産の写真も撮りたかったな。

マチグワー探索もまだまだしたかったな。

おかえりシーサーっていうシーサーも連れて帰りたかったな。

普天満宮にも行きたかったな。

陶房日風水さんの器、もっと欲しかったな。


こうしてまだまだ未練タラタラな今回の沖縄旅行は幕を閉じました。




CIMG9600-0.jpg
実は久高島でワタシがいちばん惹かれたのは、カベール岬につながる道にそびえ立つ、このガジュマルだったのです。
威風堂々って感じでとても良い姿をしていました。



おまけの写真3枚
IMG_0623.jpg
なに?なにが出てくるの?


IMG_0626.jpg
おたまりんのものは何もありませぬ。
ナンデヤネン!(。-ω-)_θ☆(ノ・⊿・)ノ

IMG_0659.jpg
立体シールもヤールーを選んでしまった
携帯にぺったり貼っておりまーす。

おしまい

最後まで読んでくれてありがとう♪

関連記事
スポンサーサイト
【 2012/12/05 】 沖縄+やちむん | TB(0) | CM(8)
小町ママへ
沖縄から帰って、またすぐに行きたくなっている私はやっぱり不治の病・沖縄病(笑)。

三泊四日じゃ全然足りない(T ^ T)

やちむんもまだまだ欲しいのたくさんあった~(笑)

沖縄の料理、いいところで食べると上品な薄味が多いかも。町の食堂とかは味が濃い目な傾向かな。

とにかくハマる人はとことんハマるのが沖縄デス♪
【 2012/12/15 】 編集
沖縄旅行記、楽しく私も旅行している気分を味わせてもらいました。

アマオ家のコになったやむちん達、どれも素敵!

景色もパワーをもらえる気持ちの良い場所ばかりで行ってみたくなりました。

お料理は、私にはちょっとコテコテかも…そんな事ない?

おたまちゃん、お留守番お疲れ様でした(*^.^*)
【 2012/12/14 】 編集
すみれ♪さんへ
ガイドさんが話してくれた不思議なエピソードがまた凄いんですよ。
すみれ♪さんは感が鋭そうだから、久高島に行ったらビンビンに島の「気」を感じ取るかも?
私もそんなに鈍いほうじゃないと思っていたんですが、今回はまったく「気」を感じられず。。。
ロマンスロードの海は階段があって、海水浴OKなところです。
ぜひ機会があったら行ってみてくださいね♪
 
読んでくれてありがとうございました。
【 2012/12/09 】 編集
りーちゃんへ
スピリチュアルスポットの中のスピリチュアルスポット、久高島です。
宿泊もできるんですよ。
集落もとっても魅力的で、私としては何気ない集落のショットを収めたかったのですが、車でさっと通り過ぎてしまったので残念でした。
いつかまた行くことがあったら、集落の写真を撮りたいです。

おたまりん、かわいいでしょ♪
【 2012/12/09 】 編集
さくら&ももママへ
鈍感な私でも、最後の拝所はキラキラした木漏れ日が差し込む特別な場所のように感じました。
まろこに話しかけてきたけれど、あの子に届いたかな?

おたまりんへのお土産はなしです(笑)。
留守中、おにいにいが散歩してくれましたし、食事はおねえねえにお願いしていきました。

次の計画、「3月に宮古島&全島やちむん祭り」って思っているんだけど、おにいにいが天邪鬼なんで、どうなるかしらねぇ…。

読んでくれてありがとうございました♪
【 2012/12/09 】 編集
わあ…!!
どれも息を飲むほど神聖な美しさですね!
特に、ロマンスロードの果てにある、宝石みたいに蒼い海なんて
ずっと見ていたら吸い込まれてしまいそうな目眩がします。
自然のままの御嶽も、なにか人を拒んでいるみたい。
そして、木のウロにいた生物!気になる~w

amaoさんにとっては、まだまだ未練のある沖縄だったようだけど
得るものがあったり、大きな意味のある大切な思い出になりましたね。
読んでいるだけで心もお腹(笑)もいっぱい。
ステキな旅行記、ありがとうです♪
【 2012/12/08 】 編集
おもしろい(☆。☆)
キレイなお写真とエピソード、引き込まれます(*/∇\*)キャ
そして、ママさんのリサーチ!相変わらず、素晴らしい(* ̄0 ̄*)ノ
未練タラタラ~これはまだまだ続きそうですね(*≧m≦*)ププッ
興味津々の珠姫ちゃん、かわいい(*^-°)v
【 2012/12/07 】 編集
久高島、とても神聖で素敵な所ですね
何かを強く感じなくても思ってる相手にはちゃんと繋がってたと思います今回の沖縄旅行おかぁかぁにとって、色んな意味がある旅行だったのでしょうね
珠姫ちゃんへのお土産は? おかぁかぁが帰って来ただけで満足だったのかしらね
今回の旅行記も楽しく拝見させて頂きました(^_^)
もう次の計画練ってるの?(笑)
【 2012/12/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

amao

Author:amao
2012年のホワイトデーに我が家の子になった柴犬・珠姫の成長記&管理人・amaoの趣味あれこれ♪

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。