Over the Rainbow ー 空を見あげて ー

柴わんこ・珠姫と飼い主amaoの悠々閑々な日々を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012'沖縄旅行⑥(11月21日)

あっという間の最終日。
この旅一番の目的地へ。

ホテルを早朝にチェックアウトして、安座真港へ向かいました。
朝食は安座真港近くのお弁当屋さんでお握りを購入。
沖縄のお弁当は安くて具だくさんだから食べきれないのよね。
【余談】沖縄のお弁当ってごはんの上にもビッシリとおかずが乗っているの。
ごはんの白い部分があると、おかずをケチっていると言われちゃうんだって。
カロリー高いものがてんこ盛りの沖縄のお弁当、機会があったらチャレンジしてみて(*^m^*)


朝イチの高速船に時間があったので、港のニャンコにごあいさつ。
4匹いたんだけど、みんなカメラがお嫌いのようでいいお顔は撮れず…。
p【◎】q'ω')チェッ
IMG_azamakou neko


安座真港から高速船で20分で着くのは神の島・久高島。

数年前から秀ぽんがとても行きたがっていた場所です。

久高島は島の至るところに拝所(ウガンジュ)があって、立入禁止の場所もあるのに、目印がわかりにくく、うっかり入って注意されちゃったなんてブログを読んだことがあります。
それも心配だったし、ちゃんと久高島のことが知りたかったから島民の方にガイドをお願いしておきました。

船を降りてガイドの内間さんと合流。
車で3時間案内していただきます。
(ガイドを頼まないときはレンタサイクルでどうぞ~)


まずは ぴざ浜
CIMG9588-0.jpg
ここは海水浴やシュノーケリング可な浜。

久高島に行ったら石ころひとつ、草一本持ち帰ってはいけない。
持ち帰ると体調不良を引き起こしたり、良くないことが続いたりする。
そう聞いていました。

でもガイドの内間さん、あっさり
「ここの貝は拾って持って帰ってもいいよ」
ヘッ?∑(!? ̄Д ̄)゚Д゚) エェーッ!!い、いいの?
「次の浜は神聖な浜だからダメだけど」

貝は流れ着くものだから、持ち帰ってもいいらしい。
DSC_0154_20121205163410.jpg
とはいえ、おろそかには扱えませぬ。
たまりん、控えおろうぅぅ!
その貝をどなたと心得る!
神の島・久高島の貝さまであらせられるぞ!
なんちって(*^m^*)


ishikihama
こちらは神聖な浜・いしき浜
魂が還る場所、ニライカライからの来訪神が久高島に来るときはこの浜に船を着けるとの言い伝えがある場所。

港のある島の南側は集落があって人が住んでいますが、北側は神の領域なので人は住んでいません。

島のなかでも特別に神聖な場所がいくつかあるので、そういう場所に行くと何か不思議なパワーを感じる人が多いみたい。

kabe-ru
カベール岬
ここも神事が行われる場所。
内間さんいわく、こことこのあと行くクボー御嶽でナニカを感じる人が多いとのこと。

秀ぽん、この岬で涙が溢れたとか…
ナニカが心の琴線に触れたのね。
ワタクシ、今のところ別になにも感じません(;´Д`A ```


CIMG9637-0.jpg
ロマンスロードという、島にはちょっと似合わない(?)遊歩道の先にこんな景色が!
うっすら見えるのが沖縄本島です♪


CIMG9654-0.jpg
クボー御嶽
以前は男子禁制の場所でしたが、不埒ものがあとを断たないのでしょうね。
現在は男女を問わずに立入禁止です。
島の神女役の人しか入ることは許されていない特別なところ。
ここの強力な“気”を感じる方も多いそうで、ガイドの内間さんは近づくことが出来ない人を何人も見てきたとのこと。
他にも不思議なエピソードをいくつか話してくれました。
へ、へぇ~(;^_^A
相変わらず何も感じない鈍感なワタシ。
ワタシ、こんなに鈍かったっけ?

そんなワタシに内間さんは
「ここで何も感じなくても他のスピリチュアルスポットに行けばビンビンに感じ取ることもあるし、土地との相性もあるからね」と。


CIMG9660.jpg

CIMG9658.jpg
ヤモリ?トカゲ?ヘビ?
宜野湾在住のカップルが木のウロになにか生き物がいるのを見つけて教えてくれました。
内間さ~ん、この子何者?
内間さん、ヤモリかトカゲだろうとアバウトな返答(笑)。
お髭っぽいものがあるのよね。
帰ってからググってみたけれど正体は不明なまま。


久高うたき
ガイドブックには載っていない御嶽
男子禁制なので、内間さんは御嶽の入り口で待っていました。
葉っぱの影に見える石が拝所です。
ここはすごく陽の光がキラキラしていて厳かな雰囲気。
まろこのことをお祈りしてきました。
おたまりんの無事な成長もね。


拝所
拝所(ウガンジュ)

沖縄独特の信仰はこの島では日常と密接に関係していて、年間に30もの行事が脈々と受け継がれているそうです。
イザイホーという祭事は1966年を最後に途絶えてしまいましたが、最後のイザイホーの様子を久高島交流館で見せてもらいました。
このときに故・岡本太郎氏が禁忌を犯してしまうんですが、
内間さんはそのことも
「島に触発されて暴走したんだろうな」と言っていました。


大里家
大里家
久高島で一番古い民家で、ここで琉球王朝の尚徳王が神女(ノロ)を寵愛して政治を疎かにしたためにクーデターが起こったとの伝承もある(内間さんからの受け売り)


他にも「はんちゃたい」という天と地をつなぐとされている石が置いてある場所や、「御殿庭(うどぅんみゃー)」
「外間殿(ふかまどぅん)」などを解説していただきながら見学し、交流館でDVDを見たらちょうど3時間経っていました。
港で内間さんと握手してお別れし、フェリーで本島へ戻ると午後1時半。

レンタカー返却が3時だから、糸満の道の駅でお昼を食べてちょうどいい時間。



南部のビーチでも貝を拾いたかったな。

那覇近郊のおいしいと評判の沖縄そば屋さんにも寄りたかったな。

ガンガラーの谷ツアーも参加したかったな。

スーパーマーケットでもアレコレ見たかったな。

他の世界遺産の写真も撮りたかったな。

マチグワー探索もまだまだしたかったな。

おかえりシーサーっていうシーサーも連れて帰りたかったな。

普天満宮にも行きたかったな。

陶房日風水さんの器、もっと欲しかったな。


こうしてまだまだ未練タラタラな今回の沖縄旅行は幕を閉じました。




CIMG9600-0.jpg
実は久高島でワタシがいちばん惹かれたのは、カベール岬につながる道にそびえ立つ、このガジュマルだったのです。
威風堂々って感じでとても良い姿をしていました。



おまけの写真3枚
IMG_0623.jpg
なに?なにが出てくるの?


IMG_0626.jpg
おたまりんのものは何もありませぬ。
ナンデヤネン!(。-ω-)_θ☆(ノ・⊿・)ノ

IMG_0659.jpg
立体シールもヤールーを選んでしまった
携帯にぺったり貼っておりまーす。

おしまい

最後まで読んでくれてありがとう♪

スポンサーサイト
【 2012/12/05 】 沖縄+やちむん | TB(0) | CM(8)

2012'沖縄旅行⑤(居酒屋de夕食)

再び旅の備忘録♪

旅行中の夕飯に食したものをダダっとご紹介♪
私の断酒はまだ続いているけど、居酒屋でごはんをするのは大好き♪
ちなみに秀ぽんも最近はアルコールから遠ざかっているそうです。


初日の夕食は美浜・アメリカンビレッジの一角にある南ぬ天さんへ
南ぬ天は「ふぇーぬてぃん」と読みます。
りんけんバンドの照屋林賢さんのお店です。

ボクネンアートミュージアムの道向かいにあるの。

IMG_0571.jpg
じーまみー豆腐・海ぶどう
今回、あちこちでじーまみー豆腐を食べ比べしました♪
こちらのじーまみー豆腐はたれがとても甘くてデザート感覚。
私はもうちょっと甘さ控えめが好みかな。
海ぶどうは弾力のあるプチプチ感が◎♪


IMG_0573.jpg
ソーミンチャンプルー
いつもふーチャンプルーばかりだからたまには違うものをとオーダーしてみました。
ソーミン=そうめんのこと
塩焼きそばみたいでした。
これはお酒に合うし、若い子は好きだろうと思います。


IMG_0575.jpg
一番人気のてびちの唐揚げ
外はカリカリ、中はコラーゲンでとろっとろ!


IMG_0574.jpg
ターンム(田芋)の唐揚げ
ホクホクのコロッケみたいで美味しかった♪

飲み物はクミスクチン茶をいただきました。
別名・猫のひげ茶
名前がかわいいから頼んでみたんだけど、利尿作用・肝臓・関節炎などに良いそうです。


*・゜゜・。・★*・゜゜・。・★*・゜゜・。・★


二日目は那覇の酒肴さくらさんへ
ここは大当たりのお店でした!

IMG_0591.jpg
お約束のじーまみー豆腐
前夜の南ぬ天さんもそうだけど、どこかのメーカーのじーまみー豆腐を使っているんでしょうね。パカッと出した感じですもん。
それでもワタシはじーまみー豆腐が好き♪
こちらのじーまみー豆腐のタレはほんのり甘くて好みのお味。
写真がなかったけれど、島ラッキョウもおいしかった♪


IMG_0595.jpg

IMG_0596.jpg
紅豚のしゃぶしゃぶ


IMG_0592.jpg
軟骨ソーキの炙り焼き(ハーフサイズ)
キタ━(゚∀゚)━!!!!
キタ━━(゚∀゚)━━!!!!
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

この2品は食べきれるかなって話していたら、お店のおねえさんがハーフサイズに出来ますよと。
それでハーフサイズでお願いしたのですが、両方ともめっちゃ美味しくて追加でオーダー(笑)

紅豚は脂が甘い!
脂が多いように見えるけど、さっぱりしているの。

軟骨ソーキはタレが香ばしくて甘辛でお肉はホロホロ。

秀ぽんも大絶賛。


IMG_0594.jpg
てびちの唐揚げ(ハーフサイズ)
前夜に引き続きコラーゲンをたっぷり摂取。
どんだけお肌プルプルになるのか(笑)。


IMG_0593.jpg
なまりぶしの唐揚げ
これも美味しかった!

とにかくさくらさんは何を食べても美味でございます~(古っ!!)

リピ決定のハナマル店です!!


*・゜゜・。・★*・゜゜・。・★*・゜゜・。・★


三日目は那覇・味まかせ けん家さんへ

IMG_0613.jpg
アグー豚の串焼き
肉の味を前面に出したいからだと思うのですが(実際お肉はとてもおいしい)、味付けが控えめ。
ワタシ的にはもうちょっとだけお塩を効かせてほしいかも。


IMG_0614.jpg
ミミガー
三杯酢和えです。
さっぱりした味付けで、これはこれで美味しいんだけど以前の記事で触れた珠那さんのミミガーみたいな味付けを期待していたからちょっとアレレ?な感じ。
あとから秀ぽんも同意見だったことがわかった。


IMG_0617.jpg
この日の黒板メニューのセイイカとアボカドと岩のりの和え物
これはとってもお酒のアテに良いと思います。
ウーロン茶を飲んでいた私が、ノンアルコールビールを頼んだくらい(笑)。
でね、なにかの味に似てるってずっと秀ぽんとふたりで考えていたんだけど、わさび漬けの味に良く似ているんだと判明!
これはイカのお刺身とアボカドをわさび漬けで和えたらかなり近い味になるかも。
今度チャレンジしてみよっと。


IMG_0615.jpg
沖縄のお好み焼き・ヒラヤーチ
このままでも美味しいですが、ミミガーの三杯酢をつけるとチヂミ風に。
ソースをかければお好み焼き風に味が変化して楽しい♪


IMG_0616.jpg
スペアリブの網焼き
カウンターに座っていたので、板場で美味しそうなお料理を発見!
これもお肉がホロホロ。
沖縄の居酒屋さんはレベルが高いな~と思いました。

特にこちらのお店は地元の方の御用達のお店で、この日は観光客は私たちだけだったんじゃないかな。

板さんは二人か三人いたんですが、渡辺えり子(改名して渡辺えりになったんですっけ?)さんによく似た雰囲気のおねえさまが一人で接客をしてらっしゃいました。
そのおねえさまが好印象でした♪

以上、今回の夕食編でした。


【 余談 】
その1
じーまみー豆腐はホテルJALシティ那覇の朝食バイキングで出たものと、本部町の紀乃川さんのものがおいしいと思いました。
沖縄物産展で手に入るひろしやさんのものもワタシ的にはお勧めデス♪

その2
沖縄でおいしい豚肉ちゃんを食べていたら、帰宅後に今までスーパーで購入していた豚肉がおいしく感じられなくなってしまった・・・
(;´Д`)
それまで普通に食べていた豚肉にかすかに臭みを感じてしまうの。

困ったな、困ったな、困った困った困ったな~。

⑥へつづく
【 2012/12/03 】 沖縄+やちむん | TB(0) | CM(6)

2012'沖縄旅行④(11月20日あれこれ)

3日目のお昼こそは!と期待を込めて伺ったのはこちらのお店

IMG_kinokawa.jpg
正統派の「食堂」紀乃川さん
看板メニューは手作りのじーまみー豆腐(300円)
噂に違わぬ美味しいじーまみー豆腐でした!
もっちもっちでピーナッツの風味も豊か♪


IMG_紀ノ川
上・秀ぽんのオーダー パパイヤチャンプルー定食
下・私のオーダー 沖縄そば


パパイヤチャンプルーを味見させてもらったけれど、ニンニクが入っていてご飯のすすむお味♪
うちで作るチャンプルーにも今度からニンニクを入れよっと♪
沖縄そばは可もなく不可もなく。
私も定食にすればよかったな。




食事後は瀬底島で再びビーチコーミング♪
CIMG9537-0.jpg
瀬底大橋のすぐ下では小さくてきれいな貝やシーグラスが拾えました。



CIMG9540.jpg
昼間は夏日だったけれど、シーズンオフだからビーチを独占できちゃった♪




DSC_0149-0.jpg


 
瀬底島でリフレッシュして、備瀬へ移動。
美ら海水族館を通り過ぎ、エメラルドビーチの有料駐車場を通り越すと無料の駐車場があるのだ!
そこに車を止め、フク木並木を歩きました。

CIMG9557-0.jpg


CIMG9562-0.jpg

備瀬の集落を守るようにフク木が取り囲みます。
実際、防風林なんだけど、それとはちょっと違った意味で守っているような雰囲気。
樹齢は300年ほどだそうです。
ここは水牛車でも回れるんだけど、歩いても30分くらいの散策路。

沖縄の古民家に宿泊できるお宿の場所もチェックして来ました。+゚.。+。(´ω`*)♪♪



CIMG9580-0.jpg
11月でもハイビスカスがきれい♪


備瀬崎まで行くと目の前に小島があるんですが、この島は丸ごと聖地です。
CIMG9576-0.jpg
みぃ島
( ー人ー) |||~~~



てくてくと駐車場まで戻り、Tea time。
駐車場の一角にあるチャハヤブランさんでひと休み。
アジアンテイストな海の見えるカフェでまったりしました。
CIMG9581.jpg


CIMG9583.jpg

時間が半端に余ったのでこの後、古宇利島までドライブしたのですが、暗くなってしまい写真は撮らず。
でも素晴らしい景色だったので、次回は明るいときに再訪したいデス。

⑤につづく
【 2012/11/30 】 沖縄+やちむん | TB(0) | CM(6)

2012'沖縄旅行③(11月20日紅型体験)

3日目


もともと今回は朝食がつかないツアーだったのですが、選べるクーポンでラグナガーデンホテルの朝食をチョイスしました。
JALシティ那覇の朝食はクチコミで評判が良かったので、有料でいただいてみました。

IMG_0597.jpg
携帯のカメラなので画像が悪いーっっ
品数はラグナのほうが多かったかな。
ここのじーまみー豆腐もおいしかった♪



この日は名護市のキジムナー工房さんで、紅型(びんがた)体験をする予約を入れてありました。

10時からの予約にゆとりを持って出かけたので、道の駅許田に立ち寄ってちょっとお買いもの。

前から食べてみたかったおっぱ乳業のおっぱ牛乳ソフトをパクリンチョ♪
おっぱ牛乳って牛のオッパイという意味じゃなく、乙羽岳という山の名前が会社の由来なんですって。

IMG_0598.jpg
ウマウマ~♪


CIMG9533.jpg
10時きっかりにキジムナー工房さんに着き、いよいよ紅型体験開始!


IMG_0603.jpg
こちらの工房は持ち込んだTシャツなどに絵付けが出来るんです♪
いろいろある絵柄から私はやーるー(ヤモリ)を選び、先生から説明を受けて塗り塗り開始。
型紙の上から糊を置いて、染料で色付けしていきます。


IMG_0607.jpg
見本を見ながら真剣な秀ぽん(*^m^*)
こちらは海中の亀やマンタの絵柄♪


IMG_0606.jpg
2時間の予定でしたが、1時間少々で終了。
ドライヤーで染料を乾かすまでをこちらでやり、自宅に持ち帰って2日ほど置いてから糊を落とします。


DSC_0150_20121129110042.jpg
後日:完成しました(〃▽〃)
ピンクの花の部分が滲んじゃったけど、まあ及第点かな。


CIMG9516blog.jpg
車を工房に置かせてもらって、徒歩1分の名もないビーチで1時間ほどビーチコーミング♪
貝殻を拾っていたらアッという間に1時間経っちゃった(笑)。


CIMG9529.jpg
ヤドカリさん♪


ちょうどお昼時だし、工房の方にお礼を言って、お昼ご飯へGO!GO!
さてさて、これまでツイていなかったお昼でしたが、この日はいかに?

それは④へつづく
【 2012/11/30 】 沖縄+やちむん | TB(-) | CM(-)

2012'沖縄旅行②(11月19日)

2日目



DSC_0131.jpg
ラグナガーデンホテルの朝食バイキングは品数も多く、レストランも空間的に広くてゆったり食事することが出来ました♪
サラダも島野菜がふんだんに使われていて良かった♪
写真で焼きお握りみたいに見えるのはクリームチーズのパンです(*^m^*)


2日目は丸一日、那覇でお買いもの。
国際通りでは雑貨屋さんとセレクトショップ巡りをし、壺屋ではもちろん!やちむんを見て歩きました♪
※やちむんとは沖縄の言葉で焼き物のこと
国際通りをじっくり歩いたのはとぉ~っても久しぶり。

IMG_0578.jpg
“ただいるだけ” “美犬” “メタボ犬”とかユニークなワンコの服もお土産屋さんにありました。
おたまりんにお土産にすればよかったかな。
(でも最近、服を着せると破っちゃうの~)


いろいろと見ていたらあっという間にお昼になり、ネットでクチコミの良かったお店へ行ったのですが…。
これが後々まで語り草になるであろう最低のお店でございました。
(料理は平均点・接客がマイナス10000点)
うるさい人なら頭から火を噴いて怒るかも~。
なんでクチコミの評価があんなに高いのか(食べログでは星三つ半だよ!)わかりましぇーん。
ダメダヨネー(*´・д・)(・д・`*)ネー


気を取り直して、午後はいざ壺屋やちむん通りへ!

約400㍍の通りに並ぶ陶器屋さんを3時間かけて見て歩きました♪

ふたたび、陶器の神さま、ここへ来させてくれてありがとう
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

うちの子になったやちむんたちをご披露♪

福田健二
福田健二さんの楕円皿
秀ぽんも福田健二さんの小鉢を購入♪


新垣栄一のハート皿
新垣栄一さんのハート皿
一目惚れ見た瞬間にこれください!と言って秀ぽんに笑われました。



IMG_火風水マカイ
大好きな奥平清正さん(陶房 火風水)のマカイ
※マカイはお碗・茶碗のこと。


やちむん八寸皿
上・読谷の常秀工房の八寸皿
下・宮城正享さんの八寸皿


やちむんマグ・湯のみ
左・吉田陽生さんのマグカップ
中・横田屋窯さんのマグカップ
右・松田共司さんの湯呑み(娘に取られた~)


IMG_omiyage yatimunn
上・横田屋窯さんのマカイ
下・アトリエQさんのアグー豚の置物

 
連れて帰りたいやちむんたちがまだまだ沢山あったわ~。
ってことで、次回の沖縄旅行もすでに計画始動(笑)。

でも高千穂にも行きたいし、京都にも行きたーい!

夕飯を食べて、PM22:00の閉店時間までやちむんの置いてあるお店にいた私たちでありました。
2泊目と3泊目は国際通りのど真ん中にあるホテルJALシティ那覇だったので、とっても動きやすかった♪



③につづく
【 2012/11/28 】 沖縄+やちむん | TB(0) | CM(10)
プロフィール

amao

Author:amao
2012年のホワイトデーに我が家の子になった柴犬・珠姫の成長記&管理人・amaoの趣味あれこれ♪

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。